Googleがついに認めた! 検索順位を決める三大要素とは

Googleが検索エンジンで検索順位を決める際に大切な三大要素を正式に発表しました。
Now we know: Here are Google’s top 3 search ranking factors(リンク先は英語です)

結論から言うと検索順位を決めるのは「コンテンツ」「リンク」「RankBrain」の3つであるということです。

He wouldn’t say which was more important, so the top three list now looks like this:

1 & 2: Links & Content
3: RankBrain

Of course, Google looks at many other factors, such as those on our Periodic Table Of Ranking Factors. Links, Content and RankBrain themselves each are made up of many subfactors. But these are the overall top three, officially confirmed by Google itself.

その①コンテンツ

これは過去の記事でも書きましたが、Googleはコンテンツの質と量を一番大切と考えています。

これを抜きにしてSEOは語れません。
基本的に読み手が望む情報を最短距離で提供できるサイトほど、検索で上位に出やすいということです。
ここで大切なのは”最短距離“であるという点です。最短距離ってことは

・分かりやすく
・適切な文量であり
・無駄な障害がない

ということになります。
読み手が知りたい情報を提供していても、そこにたどり着く道のりが遠い場合、意味はありません。

今のSEOに関しては「コンテンツはキング(王)である」と呼ばれるくらい、コンテンツの大切さが重要視されています。
SEOの世界に身を置く人の多くは「やっぱりな」となるのではないでしょうか。

その②リンク

Googleは自社の「Google が掲げる 10 の事実」で「ウェブ上の民主主義は機能します。」と発言をしています。
Googleはサイトに対するリンク数を票と考えており、票(リンク)が多いサイトは多くの人から支持されているサイトであり検索上位に表示されるべきだ! という考えを持っています。

これに関してはSEO業界は過去「リンクSEO」「ブラックハットSEO」と呼ばれる暗黒時代がありました。

ブログやサイトを何個も作り、1つのページがら何十本、下手したら数百本のリンクを貼り付けることで、リンク先の検索順位を無理やりあげるというものです。
当然ながらGoogleはこれを良しとせず、今では様々な対策が打たれています。

しかし、未だにリンクがある程度の力を持つことは間違いありません。
ただ、Googleは良いリンクと悪いリンクを見分ける技術を身に着けています。リンクは良くも悪くも力です。
使い方によってはプラス方面にも、マイナス方面に強く作用する可能性もあります。
逆にあえてそれを利用するネガティブSEOと呼ばれるものも存在しました。
今もあるのかな?

※ちなみに、GoogleはSNS経由でのアクセス(リンク)は検索順位に変化を与えないと言っています。(Facebookのいいね! やフォロワー数も含む)

これって結局、沢山のサイトからリンクを貼ってもらえればいいってことじゃないの?
うん。極端なことを言うとそうなるね。
ただ、Googoleはリンクを貼ったサイト自体に対する評価もしてるんだ。
つまり、いいサイトから貼られるリンクは信頼性があって、わるいサイトから貼られたリンク信頼性が無いんだ。同じ1票でも、Googleの評価は変わるんだよね

その③RankBrain

多くの人には聞きなれない言葉だと思います。
簡単に言うと、Googleの検索エンジンでサイトの良し悪しを判断するために使われているアルゴリズム(人工知能)のことです。

GoogleやFacebook、Appleなど、世界レベルのWebサービスを提供する業界が、それこそ世界中の人工知能分野の買収・吸収をしているのは有名なことです。

RankBrainには人工知能を使っていると言われており、Googleの中でもトップセキュリティな情報となっています。(担当者でさえ全部を把握できていないと言われるくらいすごい進化をしてるらしい)
なのでとくに書けることもありません! おわりっ!

・・・っていうのもアレなので、過去にGoogleが行ったハミングバードと呼ばれるアップデートと、最近Googleが力を入れている人工知能について少し書いていこうと思います。

ハミングバードは日本語で言うと”ハチドリ”を指す言葉だね。羽の音が蜂に似てるからハチドリと呼ばれてるよ

ハミングバードとRankBrainとは

hummingbird

Googleは過去、RankBrainが登場する前にHummingbird(ハミングバード)と呼ばれる検索エンジンのアップデートを2013年に行っています。
それまでの検索エンジンは「安倍」と検索した場合、文字通り「安倍」と一致するものを優先的に表示させました。
それこそ辞書を引いているみたいに。

しかし、ハミングバードの登場で文章に対応した検索検索者が欲しい情報を予測する機能が追加されました。
今までは「○○ 駐車場」や「天気予報」と検索しなければ欲しい情報は見つかりませんでした。

しかし、このアップデートにより、「Siri」や「OK Google」で「Siri! ここから一番近い駐車場教えて」や、「明日の天気はどうかな?」などの会話型検索に対応したのです。

※ちなみにSiriに対して「オッケーグーグル」と言うと面白い事が起きるそうです。iPhone使う人はぜひ。

ハミングバードでさらに興味深いのは、検索者が欲しい情報を予測することが出来るようになったことです。

今までのGoogleは
「安倍」と検索する
⇒Google「この人は”安倍”と検索したから”安倍”に関連するサイトを出そう」

となっていました。しかし、ハミングアップデート後のGoogleは
「安倍」と検索する
⇒Google「この人は”安倍”と検索した。もしかしてこの人は日本の総理大臣である”安倍総理”について知りたいのでは?」
⇒安倍総理に関するページが出てくるようになった。

ハミングバードアップデートにより、Googleは従来の辞書を引いたような検索エンジンから、真にユーザーが求められている情報を学習するようになったのです!

これのさらなる先を行こうとするのがRankBrainです。
Googleが発明したAI囲碁ソフト 「Alpha Go」が人間のプロ棋士と戦い5勝0敗だったのは、記憶に新しい人もいると思います。
人工知能がプロ棋士に勝ち越し! 世紀の囲碁対決は人間側が1勝4敗で終局

人工知能は確実に人間に近づいてきていますし、ロボットが人間を超える分野もでてきているのです!
今後のGoogleの動きがとても気になりますね。

ちなみにアメリカのマクドナルドでは既にロボットが接客している店舗もあるくらい、人工知能にものすごく力を入れている国です。
日本ではあまりウケは良くなさそうですが・・・。

robot

写真は(radio.foxnews.com)から。

オックスフォード大学の教授が2020年になくなる仕事として、様々な職業をリストアップしたのを覚えている人も沢山居ると思う。GoogleのCEOも「創造性のない仕事はロボットに取って代わるだろう」といっており、今後、自分の生きる道を真剣に考え始める必要がありそうだね

スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。