目が大きい女性がモテるたった一つの理由

今日は心理学と恋愛テクニックのお話をするよ!
街中で見かける目が大きな女性。何故、
男性たちは彼女たちに惹かれているんだろうね?
さて、男性の皆さま。いきなり質問します。

目が大きい女性は好きですか?

japangirl
多くの男性はYes!!と答えると思います。

スノウなどの自撮りアプリとかでも「自動で目が大きくなる」という技術がデフォルトで設定されているものも増えてきましたし、多くの女性は目を大きく見せるメイクを好みます。

では、なぜ目が大きい女性は魅力的に見えるのか。疑問に思ったことはありませんか?
実はこれ、簡単な心理学で説明できるのです!

目が大きい人はなにが違うのか

まず、目が大きい人と目が小さい人の違いはなんだと思いますか?

目が大きい?
まぶたが広がってる?
顔が小さい?
化粧?
フォトショップの技術力?

いったいどれが正解なのでしょうか。

基本的に、人間の”目玉”の大きさに関してはほとんど差はありません。
なので、純粋な意味での目が大きい人ってのは存在しません。

つまり、目が大きい人=黒目(瞳孔)たくさんが見える人ということになります!

一つ、想像をしてみてください。

街中で、あなたの理想の異性を具現化したような人を見かけました。
もう完璧な人です。一目見るだけで結婚を申し込みたくなるような自分の理想にピッタリな人です。
あなたは目はどうなりますか?

cat

多くの人が目を見開くと思います。

人間は、自分が興味関心あるモノを見ると目が開くようにできています。
これは「(素敵な異性が居るから)もっとよく見たい」という心理が働くからです。

同様に、驚いた時にも目を見開くようにできています。
これも「(珍しいものを見たらか)もっとよく見たい」という心理が働くからです。

目を見開くということは、より多く瞳孔が見えることになります。

そして人は何かを受け取ると、相手にお返しなければならないという心理が働きます。
これを心理学用語で返報性の原理と言います。

今回の場合、目が大きい女性を見ると男性は

「もしかしてこの人は、自分に好意があるから目を大きく開いてるんじゃないかな?」

と思い込みます。
そして自分が好意を貰ったと思い、それに対する好意を返してしまいます。

たとえそれが勘違いであったとしても・・・

たとえそれが勘違いであったとしても!!
だから瞳孔が大きい(目が大きい)女性は沢山の男性からモテるのです!
だから多くの女性はより優秀な子孫を残すために、自分の目を大きく見せるメイクをするのです!

目の前の綺麗な女性が笑顔であなたに微笑んでいる!


girl
ちなみに返報性の原理は、笑顔に関しても同じことが言えます。

あまり女性に対する免疫を持たない男性が、クラスメイトの人から微笑まれたと勘違いし

「彼女が微笑んでくれた!つまり俺のことが好きなんだ!」からストーカーになる流れ。

漫画やドラマでたまに見ますよね。

これも笑顔という好意的なモノを貰ったと勘違いし、返報性の原理から好意を返した結果「え、そんなつもりじゃ・・・」となるパターンです。
大体、この手の話はイケメンが助けに来ますね。

やはり女性にとって「白馬の王子さまが助けに来る」というのは永遠の憧れなのでしょうか?
こと男性に限って、女性からのアクションを勘違いするという話はよく聞きます。
「男って単純ね」って声が世界中の女性たちから聞こえてきそうです・・・。

そうなんです。男って単純なんです。

単純なんで簡単に操れます!(良い悪いはおいといて)

女性の皆様。
もし狙っている男性が居る場合、目を大きく見開き、ときおり笑顔を見せるようにするとモテます。
それはもうびっくりするくらいモテます。

そうして好意を与えることによって、逆に男性からも好意を返される可能性があります。
「○○ちゃん可愛いねー」的な発言を取れれば、もう後はゴール(付き合う)まであと一歩です。
先に伝えておきましょう。おめでとうございますと。

その際に大事なのは差別化です。
あなたの狙っている男性と顔を合わせる時だけ目を大きく開き、笑顔を見せるのです。

常に笑顔を見せて目が大きい場合、差別化がされないので男性はなにも思わなくなる可能性があります。
「あなただけにアピールしてるんですよ」ってことを男性にモーションかければ完璧です!

なお、これを露骨にやると同性から嫌われる可能性は高いです。

まとめ

男に媚を売る女性は同姓から嫌われやすいね 
少し大げさかな?ってくらいアピールできれば多くの男性は気が付くと思うよ!僕もぜんぜん気づかないんだ!
(それって相手にされてないだけじゃないかな・・・)
スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。