コンテンツマーケティングのおける成功の定義

sunces

いつだったか、「コンテンツの成功とは」について書いているブログ記事を読みました。

Webマーケティングの観点から言えば、コンテンツマーケティングの成功は、CVに繋がること。
それが達成されるならコンテンツの成功であると言えると思う。

が、今回はあくまでも「Webライターとしてのコンテンツの成功」について書こうと思います。

じゃぁコンテンツの成功って何よ

個人的には、コンテンツの成功は定義できないって持論を持っています。
それはなぜかというと、コンテンツを料理と同じと考えているからです。

cook

例えば、自分は生魚が食べれません。海鮮丼とかは絶対に食べられません。
でも、人によっては海鮮丼大好き!って人もいますよね?

コンテンツってそれと同じで、人によって好き嫌いがあるんですよ。
海鮮丼は世間一般的には成功している料理です。
自分みたいな海鮮丼が苦手という人間の方がマイノリティなはずです。

でも、自分みたいな海鮮丼が嫌いという人間がいる以上、果たして海鮮丼は成功と言えるのでしょうか?
いったい何%の人がそのコンテンツに「いいね!」したら成功なんですか?
それを定義付けることは不可能です。

コンテンツは人によって好き嫌いがあります。
「コンテンツの成功=万人から愛されるコンテンツを作ること」と定義した場合、それは達成不可能な目標です。

これがコンテンツの成功を定義つけられない理由です。

料理を例に出したので、それに関係することで繋げます。
なんとなく想像できると思いますが、シェフが新しいレシピを作る時は試行錯誤の繰り返しです。
誰もがおいしいと感じる魔法のレシピは存在しません。

no

コンテンツマーケティングも試行錯誤の繰り返しです。
逆に言うと、試行錯誤を繰り返さず脳死コンテンツを提供しているメディアは生き残れませんし、今後衰退していきます。(自省も込めて)

成功しているコンテンツマーケティングってなに?

最近はコンテンツマーケティングがやたらと神格化されており、コンテンツマーケティングさえやってれば安泰だ!と思う企業も多く思います。

が、なんのノウハウもない企業がコンテンツマーケティングを始めたとしてもまず成功しません。
さらに、人によってコンテンツの好き嫌いがある以上、「絶対に成功するコンテンツマーケティングの会社」も存在しません。

コンテンツマーケティングを行う会社によっても個性・特色があります。

reading

SEOを重要視するコンテンツマーケティングの企業ならキーワード単位でのアプローチになるでしょうし、バズコンテンツが得意な企業ならキーワードを重要視するよりもSNSでの拡散を狙うかもしれません。

大切なのは、自分の会社は誰をターゲットとし、どんなコンテンツマーケティングを行いたいのかを依頼する側が理解することです。
これを想定せず、適当なコンテンツマーケティングの会社に依頼をすると、その会社が得意なアプローチでコンテンツマーケティングを行うことになります。

それは必ずしも、その企業に合っているアプローチ法とは限りません。
コンテンツマーケティングは非常に金も時間もかかるマーケティング手法です。

会社を選ぶときは慎重に。

クラウドソーシングでWebライターの依頼する時の注意点

一方で、企業に記事のライティングのを依頼するのではなく、クラウドワークスやランサーズでお仕事をWebライターに仕事を依頼する会社もあります。
自分もランサーズでいくつかの企業からお仕事を頂いています。

その際、Webライターにも得意なコンテンツ、苦手なコンテンツがあることを覚えておいて下さい。
おそらく、Webライターと名乗り一定額(文字単価1円以上)貰っているライターなら、どんなコンテンツもそつなく作ることは可能だと思います。

が、そつなく書けるのと、得意で書けるのは雲泥の差ですtenbin

自分を例に出すと、私はオモロコやLIGの一部の記事など「おふざけと面白さ」を題材とした記事作成は苦手です。
書けなくはないですが、苦手です。

逆に真面目な記事や、自分の趣味に対する考察記事に関しては大得意です。
現に趣味方面のフリーペーパーのライティングもやらせてもらってます。

金を稼ぐために「何でも書けます!なんでも得意です!」とプロフィールに書くWebライターの方も多いですが、本当に読者の事を考えるならしっかりと「苦手分野」を書くべきだと個人的には思います。

なので僕にもお仕事ください。

スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。