クラウドワークスで4.5万円分のイラストを依頼してみての感想

なにかと巷を騒がしているクラウドワークスを仕事を依頼する側として利用したので、その感想とネット上での評判の違いについて書いていこうと思います。

「金は取り戻せるが、時間は取り戻せない。」

これは自分が最近意識していることです。
そうなんですよ。

金は取り戻せますが、時間ってなにしても取り戻せないものなんです。

人生において一番優先しなくてはいけないことって、金じゃなくて時間だと思います。

クラウドワークスを利用し始めたのも

何時間もかけて1つの作品作るくらいなら、プロに金払ってもらった方が早いし楽だよなぁ・・・

と、思ったからです。

そもそもクラウドソーシングってなに?

一言でいうなら、ネット出来るお仕事が探せるサイトです。
今までは、副業をしたい!フリーランスで働きたい!と思ったときは自営業として個人で営業を行うのが普通でした。

しかし、ネットの発達に伴い個人が簡単にネットで仕事を受けれるという環境が完成しました。
それがクラウドソージングと呼ばれるサービスです。

そしてクラウドワークスはそのクラウドソージングと呼ばれる業務形態をメインにやっている企業の一つです。
他にはランサーズとかが有名ですかね。

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスのメリットは2つの視点から見れます。

仕事を依頼する側のメリット

①普通に会社に依頼するよりも安く仕事を依頼できる
②個人に対して仕事を依頼できるため、本当に気に入った人に仕事を依頼できる
③”コンペ”と呼ばれる形を利用すれば、一定の値段で多くの提案をしてもらうことが出来る

仕事を受ける側のメリット

①会社や団体に所属せずとも、自分のスキルを活かし仕事をできる
②副業にピッタリ

個人的には仕事を依頼する側がたくさんメリットがあるように思えました。
依頼する側が手数料も含め多く金を出しているので、当たり前と言えば当たり前なのですが。

そして当然ながら、メリットもあればデメリットもあります。

クラウドソージングのデメリット

仕事を依頼する側のデメリット

①会社に依頼するのではないので、責任の所在が分かりずらい
②素人からプロまで様々な人が居るので、作品のクオリティに差が生まれやすい
③複数の人から提案をしてもらい、その中から一つを選ぶコンペ形式だとひどい提案しか集まらない場合もある。その場合、支払った金は戻ってこないことがある(オプション次第)
④コピーコンテンツ、提案の使いまわしをする人もいる。パクリ作品とか

仕事を受ける側のデメリット

①クライアントによって対応の差が激しい
②プロと同じ土俵で競うことになるので、当然ながらライバルは多い
③報酬の支払いで揉めることがあるらしい(料金未払いとか、支払いが遅いとか。基本的にクラウドワークス側は関与してくれない)
④報酬額=貰える額ではない(クライアントが1万円払っても、実際もらえる額は8000円ちょいまで下がる)
⑤仕事によっては報酬が安い
基本的に著作権は放棄しないといけない

⑥に関してはどうなんでしょうか?
500円からイラストを依頼できるココナラとかだと著作権は作品を作った側が持つそうです。

一方、クラウドワークスに関してはあらゆる作品(イラスト、アプリ、ライティング文章すべて)に関しての著作権はクライアント側が持ちます。

つまり、渡したイラストやソフトをどう使われようと、こちらからは文句が言えないって事です。
それを含めての値段なんでしょうけども。

個人的にはココナラとかの著作権は作った方が持ち続けるって契約の方が怖すぎるんですけどね。
問題起きないのかな?

実際に依頼した感想とネットの評判を見て

今回、私が依頼したのはこのブログでも使われているアイコン画像を依頼しました。

ちなみに、クラウドワークスの他にも依頼候補先として
・ココナラ
・ランサーズ
も考えていました。

ランサーズに関してはあまり作品に対するクオリティが高くなく、そもそもクラウドワークスよりも人が少ないような感じがしたので除外。
※ただいまランサーズでお仕事を受けています。

ココナラに関しては上でも書きましたけども、著作権をイラストレーター側が持ち続けるので候補から除外。

今回、このブログのアイコンを依頼するのに使用した費用は2万円ちょい(手数料が800円?くらい)でした。
※2提案採用したので1提案につき1万円の支払い。

タイトルで書いた4.5万円じゃねーじゃん!

と、思う方も多いと思いますが、趣味で所属している団体のロゴ画像など、色々発注しています。

集まったイラスト提案は17件!
正直こんなに集まると思ってなくて驚いてます。
こちらからの修正依頼にも素早く対応してくれて、イラストなどの芸術の方面で仕事を依頼するなら”アリ”なのでは? と思ってます。

芸術の方面で依頼するなら”アリ”と書いたのは理由があります。
クラウドワークスでライティング業、アプリやソフトの開発業に関してはあまりいい話を聞きません。

ライティングでは1文字に対する単価が安すぎる事や、システムエンジニアを使い捨てにしてるとかしか思えない対応、金額だったりとか。
悪い話を聞く方が多いです。

さて、最後に、クラウドワークスで仕事を依頼する時に疑問に思ってたことをQ&A形式で書こうとと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

Q&A

Q1.ぶっちゃけ、クラウドワークスって”アリ”なの?
A.デザインなどの芸術面で依頼するなら”アリ”だと思うね。
名刺デザイン作成依頼の案件とかクオリティが凄く高かったし。
ただ、安い金額で出すとコピーイラストが結構来てるような感じがしたなぁ。
システム開発やライティングに関してはちゃんとクライアントを選んだ方がいいかもしれないね
Q2.いくらくらいが相場?
A.1万、2万円払えばある程度雑な依頼でも良いモノは来ると思うね。
安く済ませたいなら、参考イラストやURLをしっかりと明記すると良いよ!
それでも5000円を切る依頼はあまり提案が来てない・来ても全部似たようなイラストだったね
Q3.有料オプションって要る?
A.今回は付けなかったし、個人的には必要ないと感じたね。
ただ、抽象的なイメージしかない!でもたくさん提案してほしい!って人は
①報酬金額を上げる
②オプションを付けて自分の案件を目立たせる
のどちらかを使えば多くの提案をもらえると思うよ!
何もオプション付けず17個の提案が来たので自分はつけなくて良かったと思ってるよ。
というかオプション高い・・・
Q4.採用確約ってオプションってなに?
A.採用確約オプションを付けると「1つでも提案がある場合、キャンセルはしません」という意思表示になるんだよね。
仕事を受ける側からすると安心なオプションだけど、クライアント側からすると「全部ひどい提案だった場合、キャンセルできない」という事になるんだよね。自分は付けたよ!
Q5.追加採用って何?
A.コンペ形式の場合、複数の作品を採用することが可能です。
その際は本採用を決めたうえで、別作品の作者と”個人交渉”することになります。ちなみに追加採用はしたよ!

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ、似顔絵制作ドットコム等いろいろなサービスを見てましたが、個人的にはクラウドワークスで依頼して後悔はしませんでした。大満足です!

ぜひ仕事を依頼する際、仕事を受ける際は、参考にしてみてください。

このサイトのプロフィールで使われている画像や、この吹き出しで使っている画像も、一人のイラストレーターに全部クラウドワークスで依頼したものなんだよ!
その人が僕たちの生みの親になるってことだね。ありがとう!
スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。