次回のGoogleアップデートは読み込み速度をランキング要素に追加か?

speed

6/1、シドニーで「Search Marketing Summit」というイベントが開かれています。

簡単に言ってしまえば「SEOに関する質問とかにGoogleが答えるイベント」みたいなもんだね。

そのイベントの中で、Googleの GaAry Illyes(ゲイリー・ イェーシュ)氏が次回のモバイルフレンドリーアップデートではページ速度をランキング要素に追加する」といった発言をした。

Googleは長い間、「ページ速度はユーザビリティを重要視する点で大切だ」と言い続けてたよね。
え?知らないって?そいつはよろしくないな。
今すぐGoogle が掲げる 10 の事実のページをプリントしてトイレに貼っておくんだ。

そして毎朝トイレに行くときこう唱えるんだ。

「ああ。Google様。あなたのおかげで僕たちは今日も無料で様々なサイトを見れます。だからさっさとスマホで追尾するバナー広告を使用するサイトの検索順位を下げてくれ!」ってね。

なぜページ速度が重要視されるのか

冗談はさておき、なんでページ速度が重要視されるんだろうね?
この話をするのは人生で100回目くらいかもしれないけど、Googleは基本的に「ユーザーの為になるサイトを作れ」って言い続けてるんだ。

Googleは営利企業だ。つまり、利益をあげなきゃならん。
では、Googleはどこから利益を得ている?Googleって検索エンジンを利用する時に金をとられたことはある?

question

そうなんだ。Googleは数億のサイトを維持し続ける膨大な金をすべて広告でまかっているんだ。
そうだよ、みんながAdblockを導入しているから表示されないであろう広告をクリックされたときに生まれる金で利益を上げてるんだ。

じゃぁさ、利用者が100人の検索エンジンと、利用者が1000人の検索エンジンがあった場合、どっちに広告を出したい?
普通に考えて後者だよね。広告は見られて初めて意味をなすからね。

GoogleAdsenseの審査に落ちたってブログ記事をたまに読むけど、あれって結局「お前のサイトは広告を載せるに値しないサイトだ」って判断されてるってことなのよね。

cat

じゃぁさ、より多くの人がGoogleを利用してもらうにはどうすればいいんだろうか?

この答えは凄い簡単なことでさ、「信頼できる情報が沢山あり、表示が軽いサイト」を上位に表示させるだけでいいんだよね。
それを世界中の天才が集まって研究している企業がGoogleって企業なんだよ。

Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。
Google が掲げる 10 の事実より

たとえどんなに良い情報が書いてあっても、読み込みに5分くらいかかったら誰もそのサイトは見ないよね?
検索上位にあるサイトがそんなんばっかりな検索エンジンがあったら使うかい?

サイトの6割を広告で埋め尽くされたくっそ重いサイトを見たいかい?

そんな不便なサイトは誰も見たくないし、使いたくないんだ。

だからGoogleは「コンテンツの質を重要視するアップデートが終わり、次はページの速度を重要視するアップデート」を始めたんだ。

じゃぁどうやって測定すればいいのさ?

ページ速度を測定できる無料のツールは色々出回ってるが、個人的に一番お勧めしたいツールがある。
その名前は Google アナリティクスっていうんだ。

初めて聞いたか?
実はな、このツール。Googleって会社が提供しているツールなんだよ。
どうやらこのGoogleって会社は検索エンジンを提供してるらしく、なんだか信頼できそうなツールだろ?

調べ方は簡単だ。
アナリティクスにログインする。
次に左にずらーっと並んでいる単語の中から行動>サイト速度>速度の提案って移動するんだ。

するとこんな画面が出てくる。

screenshot

基本、赤い部分の数字が100に近ければ問題ない。
70以下の奴は今すぐ修正したほうが良いと言われてる。


言われている・・・らしい。

ちょっと修正してくる。
ちなみに、我らがGoogle大先生はこんな風に修正箇所を教えてくれる。
先生ありがとう!

screenshot2

 

どれくらい早ければいいの?

知らん。スコア100に近ければ近いほどいいんじゃないかな。
ただ、ソーシャルボタンを設置してたりすると、絶対100にはいかないようになってるので70~90の間なら問題ないと思われる。
ちなみにGoogleは85以上を推奨している。

まとめ

無駄にデザインに凝った結果、サイトの速度が遅くなるのはよくあることだね
まったくもってその通り。今回は早めに気付けて良かったよ。サイト速度の測定をしてる人はまだ少ないと思う。やるなら早めに。マジで
Googleは今後、サイト速度を検索順位を決める要素の一つにするって言ってるからね。多少面倒でも、頑張って修正するようにしよう!

スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。