Webライターの文字単価上がらない問題の解決策

Webライターに対する賃金の低さは一概にも仕事を依頼するクライアント側が悪いのではないのでは?と思いつつある。

少し前はWebライターに対する賃金の低さがはてなブログやニュースになったりと騒がれていたが、今ではなりをひそめている。

なぜなのか。賃金の低さが改善されたから?答えはNOだ。
今でもクラウドソーシングでは文字単価0.2円とかで仕事が多く出されている。

答えは簡単だ。
単純に、みんな飽きたのだ。

Webライターの低賃金問題ブーム

あの時期は、とりあえずクラウドソーシングにおけるWebライターの賃金の低さに関する記事を書けばある程度のPVが稼げた。PVが稼げれば広告から収入が入ってくる。
たとえどんな中身のない記事でも、だ。

しかし、今はどうだろう。さんざん騒がれたそれらの問題に対して問題提起する人は一気にいなくなった。
Webライターの賃金の低さに対して怒っていた大多数の人たちはどこにいった?

Missing

これに対する答えは簡単。
彼らはただ単に流れに乗りたいだけであって、本当にWebライターの賃金の低さに対して怒ってるのではないのだ。
だから今ではだれもそれに関する記事を書かなくなった。
よく言えば流行(はや)りに敏感、悪く居れば周りに流されているだけだ。

Webライターの質の低さ問題

過去の記事でも書いたが、結局のところ「文章が書くのが好きで好きでライターという職業をしている人」は少数なのだ
多くの人は「家で」「楽に」稼げるからWebライターをしている。
そうなるとどうなるのか。
別に彼らはWebライターとして生きていこうという気はなので、いつまで経っても文章が上達しないのだ。

writing

自分の知ってる人にも数年単位でWebライターをしているのに、”複数”の誤字脱字や間違った接尾語の使い方を”毎回”残して「記事ができましたので納品します」と言ってくる奴らもいる。
今では月500円で3万円くらいする文章校正ツールがレンタルできる時代なのに、Wordの校正機能も使わない、目視確認も漏れる。
無料の校正ツールも使わない。

そんなんでよくWebライターと名乗れるなと思う。
そりゃクライアントも0.2円とか0.3円しか払いたくないよね。

これが、Webライターの賃金が増えない理由の一つですよ。絶対。
そもそものWebライターの質が低すぎるんだ。

参考までに自分の例

普通に、ちゃんとした記事を書いてれば自然と文字単価は2円、3円はいきます。
自分も先日、とあるクライアントに

「いや~、文字単価もう少し高くしてくれないですかね~(笑)」

と軽く話したら

「一二三さんが書く文章は丁寧でとても上手なので凄く助かります!文字単価を上げるよう上司と相談しますね!」

と、お褒めいただいて素直に嬉しかった。そして文字単価は2.5円まで上がった。
賃金にすると2.5倍上がった形になる。

が、個人的には頭にクエスチョンマークが浮いていた。
謙遜する訳ではないが、自分が書く文章は普通レベルだ。

angel

もちろん、良い文章を書くように日々意識してはいるがそんな大絶賛されるほどいい文章は書けてないと思っている。
普通のことを、普通にしているだけである。
それなのに、クライアントによっては絶賛してくる。

いや、数少ない可能性として自分の中の普通が他のWebライターのすごい頑張ってる状態である可能性も捨てきれないが・・・。文章を書くときに意識すべきことを意識していればこのレベルの文章は誰でも書けるはずだ。

じゃぁ、原因は何だろう?と考えた結果、一つの結論が出てきた。

つまり、それほどWebライター全体の質が低すぎるのではないだろうか?
普通の人がスゴいい文章に読めるくらいに。

Webライターが2円の壁に到着するには

誤字脱字はそもそも論外として(ちゃんと校正ツールを使いましょうね)、一番初めに記事を読むのは編集者、というかクライアントになる。

文字単価を上げる方法として一番簡単なのは、そのクライアントをあなたの書く記事のファンにすることだ。

これに関しては日頃のメールの連絡であったり、クライアントの人間性だったりも程度関係してくるから難しいが、一番にあなたの記事を読む人間があなたの記事を好きにならない限り、あなたに対する評価はいつまでたってもあがらない。
ちなみに自分ははこれに成功している。

人間って、自分の感情に対してすごい影響を受ける生き物なんだ。
嫌いな奴が書いてきた文章はどんなに良い記事でも悪く見えるし、好きなやつが書いてきた文章は多少悪くても良い記事に見える。
クライアントだって人間だ。当然好き嫌いは存在する。

love

じゃぁ、どうすれば好かれる文章を書けるのか。
まずは以下のことを意識してみよう。

・誤字脱字は論外
・必ず日を置いて記事を読み直す
・自分の言葉で書く

たった三つだ。簡単でしょ?

特に最後の「自分の言葉で書く」ってのは大切だ。
よくある悪い記事の例として、別のサイトに書いてあることをリライトして自分の文章にする人がいる。
いわゆる「参考記事」に多いね。

が、ある程度文章に精通している人は、そんな文章はすぐ見抜く。
するとこう思うわけだ。

あ、こいつ手抜いたな」ってね。

参考記事を使うことは問題ない。
問題なのは参考記事の中身をそのまま持ってくることだ。
別のサイトの中身を参考する時は、必ず自分の言葉に直して書かないといけない。

まとめ

何度も言うけど、あなたの書いた記事を真っ先に読む人間はクライアントだ。
あなたの文字単価を上げるのも、下げるのも、最初にあなたの書いた記事を読むのもその人なのだ。

そのクライアントに対して「どうすれば自分の記事をこの人は好きになってくれるのだろう」と考えないほど、もったいことはないと思う。

そしてそれが出来る人は、より多くの金が稼げるようになる。
だから自分は文字単価2円3円頂けている。

なぜか?


一番初めに記事を読む人を自分のファンにさせることに成功したからだ。

ファンにさせるために、毎日様々なことを学び、挑戦し、失敗し、再び挑戦している。
そうすると、文章がより良いものになるんじゃないかな?と思う。
ラブレターを書くように文章を書けってのは良い言葉だと思う。

スポンサーリンク

ABOUTこのブログを書いている人

いくつになっても生魚が食べられない20代。焼き魚は大好き。 SEO会社で働いており、コンテンツマーケティングを担当。 記事も書けて、ディレクションも出来るWebディレクターを目指してます。